白髪染めシャンプー 利尻

MENU

白髪染めシャンプー 口コミ 染まらない

利尻カラーシャンプーは染まらない?という人へ。

利尻カラーシャンプーでキレイに白髪を染めるコツがあるのです。

「思うような仕上がりにならない」

「もっときれいに染めたい」

  ・・・という方に
ちょっとしたコツで、さらに白髪がキレイにそまります。そのコツとは?


まずは、ブラッシング

ブラッシングすることで、髪の毛の表面についたほこりをおとし、頭皮の汚れを浮かせて落ちやすくなります。汚れすぎた状態では、シャンプーの泡立ちが悪くなるので必ず行いましょう。


髪の毛をしっかり濡らします

ただシャワーで軽く濡らすだけでは、しっかりと髪の毛のなかまで水分が回りません。しっかりと濡らすことで、シャンプーの泡立ちがよくなります。


シャンプーはたっぷりと

濡れた手にシャンプーを出します。泡立ちをよくして、より効果的に染まるようにたっぷりと使うのがコツです。泡で髪の毛をつつみこむことによって、白髪が染まっていきます。


しっかりと泡立てる

毛の1本1本、根本までしっかり染料が行きわたるように、しっかり泡立てます。泡立てこそがキレイに染まるポイントです。泡で髪の毛を包みこむことで色が入っていきます。
サスティオリジナル『頭皮もみブラシ』を使うことで、もっちりときめの細かい泡が作れます。
顔に垂れてこないくらいの弾力のある泡で、できれば先にシャンプーして、身体を洗う間はシャンプーをつけたまま数分おいておくのがおすすめです。


しっかりとすすぐ

利尻カラーシャンプーで洗うと茶色い水が出ます。色水がでなくなるまでしっかりとすすいでください。


それでも染まらないという人は、こんなことが原因なのかも。
 

今までずっとシリコン系のシャンプーを使っていた

 

白髪染めシャンプー 口コミ 染まらない

利尻ヘアカラーシャンプーは、マニキュアタイプの白髪染めなので、髪の表面がシリコンでコーティングされていると色が入っていかないのです。
同様に、利尻ヘアカラーシャンプーをした後に、シリコン系のコンディショナーを使っても、次回のシャンプーで色が入りにくくなってしまいます。。
ずっとシリコン系のシャンプーを使っていたのなら、1か月くらい利尻カラーシャンプーを使っても色が入らない可能性があります。。
コンディショナーと合わせてさらに使い続けるか、利尻ヘアカラーシャンプーを使い始める前1か月くらいはノンシリコン系のシャンプー&コンディショナーを使って、髪の表面のシリコンを落としてしまうことをおすすめします。。